コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富岩運河 ふがんうんが

1件 の用語解説(富岩運河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富岩運河
ふがんうんが

富山市と富山港を結ぶ閘門式の運河。延長 4750m,幅 6m,水深 3m。 1931年着工,神通川とほぼ並行に開削され,34年完成した。運河沿いに,製鋼,パルプ繊維工業の大工場が立地した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の富岩運河の言及

【富山[市]】より

…大正から昭和にかけて河道の埋立てが行われ,旧河道は県庁を中心とする都市機能の集中する地域として整備された。また埋立てに要した土砂は東岩瀬港(現,富山港)から北陸本線富山駅北まで神通川の東岸に並行する富岩(ふがん)運河(1934完成)を掘ることによってまかなう方法をとったため,この運河が富山市の工業立地に大きな役割を果たすことになった。 昭和初期から本格的な工業立地が始まり,化学,アルミニウム,パルプ,合金鉄などの近代工業が進出した。…

※「富岩運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富岩運河の関連情報