コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富樫常治 とがし つねじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富樫常治 とがし-つねじ

1877-1956 明治-昭和時代前期の農業技術者。
明治10年2月14日生まれ。42年神奈川県農業技師,昭和9年神奈川県農事試験場長となる。梨の菊水,八雲,桃の富士,白鳳新種や相模半白キュウリなどを開発し,「県園芸の父」といわれた。昭和31年5月16日死去。79歳。山形県出身。東京帝大卒。著作に「神奈川県園芸発達史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富樫常治の関連キーワード明治

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android