八雲(読み)やくも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八雲
やくも

島根県北東部,松江市南部の旧村域。 1951年岩坂村,熊野村の2村と大庭村の一部が合体して発足。 2005年松江市,鹿島町,島根町,美保関町,玉湯町,宍道町,八束町の1市6町と合体して松江市となった。大部分が山林で,かつては林業が盛んであった。現在は周辺市街地に通勤する兼業農家が多く,住宅地化が著しい。 1907年に県下で最初に乳牛を導入した先進地。岩坂では手漉き和紙を産し,出雲民芸紙として有名。熊野には『出雲国風土記』にも記される古社熊野大社がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

や‐くも【八雲】

いく重にも重なり合う雲。八重雲。
「―立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣作るその八重垣を」〈・上・歌謡
1の歌が和歌の初めであるとするところから》和歌。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やくも【八雲】

幾重にも重なった雲。八重の雲。 「 -立つ出雲八重垣つまごみに八重垣つくるその八重垣を/古事記
に掲げた歌を和歌の始まりとする古今集仮名序の説から〕 和歌。

やくも【八雲】

北海道南西部、渡島おしま支庁二海ふたみ郡の町。渡島半島中部、東は内浦湾、西は日本海に臨む。酪農が盛ん。

やくも【八雲】

小泉こいずみ八雲

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八雲
やくも

島根県東部、八束(やつか)郡にあった旧村名(八雲村(むら))。現在は松江市の南部を占める地域。旧八雲村は、1951年(昭和26)岩坂、熊野の2村が合併して成立。新村名は記紀歌謡の「八雲立つ出雲(いずも)八重垣……」にちなむ。2005年(平成17)松江市に合併。国道432号が通じる。山地に囲まれ中央を北流する意宇(いう)川流域に沖積地が開け、稲作を中心にメロン、ワサビなどを特産する。近年は住宅団地の造成など、住宅地化が進んでいる。熊野の空山(そらやま)遺跡は旧石器時代のもの。熊野大社は平安初期までは出雲一宮(いちのみや)であったが、出雲国造(くにのみやつこ)の杵築(きづき)移住で衰微した。神社の近くには八雲温泉がある。松江藩政期に始まる岩坂の和紙業は現在民芸紙として復活。安部榮四郎(あべえいしろう)(1902―1984)は雁皮紙(がんぴし)製作技術保存者として知られ、和紙に関する資料を集めた安部榮四郎記念館がある。[江村幹雄]
『『八雲村誌』(1998・八雲村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐くも【八雲】

〘名〙
① 幾重にも重なった雲。八重雲
古事記(712)上・歌謡「夜久毛(ヤクモ)立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る 其の八重垣を」
② (①の「古事記」の歌が、三十一文字の和歌の初めとされるところから) 和歌。また、歌道。
※玄玉(1191‐92頃)仮名序「やまと歌は、やくものかぜ久しく伝はりて」
※浪花新聞‐明治九年(1876)四月一日「東京で八雲の行はれると同じ事だと承まはりました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八雲の関連情報