コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八雲 やくも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八雲
やくも

島根県北東部,松江市南部の旧村域。 1951年岩坂村,熊野村の2村と大庭村の一部が合体して発足。 2005年松江市,鹿島町,島根町,美保関町,玉湯町,宍道町,八束町の1市6町と合体して松江市となった。大部分が山林で,かつては林業が盛んであった。現在は周辺市街地に通勤する兼業農家が多く,住宅地化が著しい。 1907年に県下で最初に乳牛を導入した先進地。岩坂では手漉き和紙を産し,出雲民芸紙として有名。熊野には『出雲国風土記』にも記される古社熊野大社がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

や‐くも【八雲】

いく重にも重なり合う雲。八重雲。
「―立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣作るその八重垣を」〈・上・歌謡〉
1の歌が和歌の初めであるとするところから》和歌。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やくも【八雲】

幾重にも重なった雲。八重の雲。 「 -立つ出雲八重垣つまごみに八重垣つくるその八重垣を/古事記
に掲げた歌を和歌の始まりとする古今集仮名序の説から〕 和歌。

やくも【八雲】

北海道南西部、渡島おしま支庁二海ふたみ郡の町。渡島半島中部、東は内浦湾、西は日本海に臨む。酪農が盛ん。

やくも【八雲】

小泉こいずみ八雲

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八雲
やくも

島根県東部、八束(やつか)郡にあった旧村名(八雲村(むら))。現在は松江市の南部を占める地域。旧八雲村は、1951年(昭和26)岩坂、熊野の2村が合併して成立。新村名は記紀歌謡の「八雲立つ出雲(いずも)八重垣……」にちなむ。2005年(平成17)松江市に合併。国道432号が通じる。山地に囲まれ中央を北流する意宇(いう)川流域に沖積地が開け、稲作を中心にメロン、ワサビなどを特産する。近年は住宅団地の造成など、住宅地化が進んでいる。熊野の空山(そらやま)遺跡は旧石器時代のもの。熊野大社は平安初期までは出雲一宮(いちのみや)であったが、出雲国造(くにのみやつこ)の杵築(きづき)移住で衰微した。神社の近くには八雲温泉がある。松江藩政期に始まる岩坂の和紙業は現在民芸紙として復活。安部榮四郎(あべえいしろう)(1902―1984)は雁皮紙(がんぴし)製作技術保存者として知られ、和紙に関する資料を集めた安部榮四郎記念館がある。[江村幹雄]
『『八雲村誌』(1998・八雲村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

八雲の関連キーワードキモトリプシン岡山県の要覧平成の大合併劉邦高祖劉邦岡山(県)馬王堆漢墓マラソンレース農家

八雲の関連情報