コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富海宿 とのみしゅく

防府市歴史用語集の解説

富海宿

 本陣[ほんじん]は中市に置かれました。半宿[はんしゅく]で、宮市よりも規模がやや小さかったので、大名行列が休息するときや、少人数での宿泊に使われました。 本陣の主人は、江戸時代中頃からは石川家が代々つとめていました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android