宮市(読み)みやいち

防府市歴史用語集の解説

宮市

 防府天満宮[ほうふてんまんぐう]にお参りする人や山陽道[さんようどう]を通る人が集まって大きくなった町です。合物座[あいものざ]という塩魚をあつかう組合ができ、兄部[こうべ]氏がとりしきっていました。 江戸時代には宿場町[しゅくばまち]としてさかえ、兄部氏の家は大名が泊まる旅館(宮市本陣[みやいちほんじん])となっていました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典内の宮市の言及

【防府[市]】より

…天神山の南麓に鎮座する松崎天満宮(現,防府天満宮)は北野・太宰府両天満宮とともに日本三天神の一つとされる。その鳥居前の町としてにぎわった宮市は,近世には中国路の宿駅として栄え,本陣の兄部(こうべ)家は中世より周防相物(あいもの)座の長をつとめたと伝える。三田尻には長州藩の御船倉が置かれ,毛利氏水軍の根拠地であるとともに,塩の積出港として瀬戸内の要港であった。…

※「宮市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮市の関連情報