宿泊(読み)しゅくはく

精選版 日本国語大辞典 「宿泊」の意味・読み・例文・類語

しゅく‐はく【宿泊】

〘名〙 自分の家以外の所に泊まること。
※神祇官達‐明治三年(1870)四月二三日「依之居所飲食より駅路宿泊人馬継立等に至る迄易簡を主とし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「宿泊」の意味・読み・例文・類語

しゅく‐はく【宿泊】

[名](スル)自宅以外の所に泊まること。「親類の家に宿泊する」「宿泊所」
[類語]泊まる寝泊まり外泊野宿素泊まり旅宿投宿止宿旅寝仮寝宿る合宿泊まり泊まり込む泊まり込み旅枕草枕分宿来泊泊まり掛け同宿露営宿営野営宿を取る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「宿泊」の読み・字形・画数・意味

【宿泊】しゆくはく

とまる。

字通「宿」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android