富田 朝彦(読み)トミタ トモヒコ

20世紀日本人名事典の解説

昭和・平成期の官僚 元・宮内庁長官。



生年
大正9(1920)年7月3日

没年
平成15(2003)年11月13日

出生地
北海道函館市

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部政治科〔昭和18年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章〔平成4年〕

経歴
昭和18年内務省に入省。警視庁警備局長時代は浅間山荘事件指揮。47年警視庁副総監、48年内閣調査室長、49年宮内庁次長などを経て、53年宮内庁長官に就任。約10年間にわたって晩年の昭和天皇に仕え、在位60周年記念式典や高松宮葬儀などを取り仕切った。また62年には歴代天皇で初めてとなる開腹手術を決断した。63年6月退官。平成元年〜6年国家公安委員を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android