コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高松宮 たかまつのみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高松宮
たかまつのみや

宮家の一つ。創始後陽成天皇の第7皇子好仁親王で,一時絶えたあと後西天皇の第2皇子幸仁親王寛文7(1667)年に継ぎ,同 12年有栖川宮改称。以来,威仁親王まで 10代 300年続いたが,親王継嗣がなかったため,大正天皇の第3皇子宣仁親王(1905~87)が 1913年に継いで,再び高松宮を称した。2004年の喜久子妃死去に伴い断絶。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たかまつ‐の‐みや【高松宮】

皇族の一家。江戸初期、後陽成天皇の皇子好仁(よしひと)親王に始まる。その後有栖川(ありすがわ)宮と改称、威仁(たけひと)親王のとき継嗣が絶え、大正2年(1913)大正天皇の第3皇子宣仁(のぶひと)親王が高松宮の称号を賜り、有栖川宮家の祭祀を継承。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たかまつのみや【高松宮】

宮家。1913年(大正2)大正天皇の第三皇子光宮宣仁親王が有栖川宮の前称高松宮の称号を賜って興し、有栖川宮の祭祀さいしを継承した。2004年(平成16)断絶。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高松宮の言及

【有栖川宮】より

…後陽成天皇の皇子好仁親王が1625年(寛永2)一家を起こして高松宮と称したのに始まる宮家。その称は親王の養母新上東門院の居所高松殿に由来する。…

【宮家】より

…桂宮は初め八条宮と称し,1589年(天正17)の豊臣秀吉の奏請によって,翌年正親町天皇の皇孫智仁親王が創立,淑子内親王まで11代にわたって存続し,その間宮号を初め京極宮,さらに桂宮と改めた。有栖川宮は,後陽成天皇の皇子好仁親王が1625年(寛永2)一家を創立して高松宮を称したのに始まる。その後有栖川宮と改称,威仁親王まで10代にわたって継承された。…

※「高松宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

高松宮の関連キーワードウンベルト リスポリ伊藤赤水(5代)有栖川宮好仁親王有栖川宮幸仁親王高松宮妃喜久子高松宮好仁親王スーラージュ甲子園ホテル久志本 梅荘三笠宮寛仁細川 千仞マサラッキ宮本 包則武蔵陵墓地石川 岩吉小久保史織工藤 壮平大澤光民石田 馨小宮康正

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高松宮の関連情報