コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田信高妻 とみた のぶたかの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田信高妻 とみた-のぶたかの-つま

?-? 織豊-江戸時代前期の女性。
宇喜多忠家(ただいえ)の娘。坂崎出羽守(でわのかみ)の妹。慶長5年(1600)関ケ原の戦いの際,東軍に属し伊勢(いせ)(三重県)安濃津城をまもる夫が毛利秀元らの攻撃に城外で苦戦しているとき,城から打ってでて多数の敵をたおし,夫を城内に退却させた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android