コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城外 ジョウガイ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐がい〔ジヤウグワイ〕【城外】

城の外。⇔城内
城の外へ出て行くこと。都から外へ出て行くこと。
「―やし給へりし」〈大鏡・道長下〉
[補説]書名別項。→城外

じょうがい【城外】[書名]

小田岳夫短編小説。中国の杭州領事館を舞台とする作品。昭和11年(1936)発表。同年、第3回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうがい【城外】

( 名 ) スル
城のそと。また、市街の外。
都を出て地方へ行くこと。 「基俊-しける事ありけり/著聞 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

城外の関連キーワードフォーブール・サントノレ街アレキサンダー広場高麗左衛門(初代)「楓橋夜泊」張継フィリップ3世カノッサの屈辱陵山里古墳群石川 欽一郎クシナガラ城富田信高妻小田 嶽夫熊本バンド萱野権兵衛小笠原玄也カルバリ谷村計介駿府加番お万の方ゴルゴタ松下村塾

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

城外の関連情報