コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田真雄 とみた まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田真雄 とみた-まさお

1903-1989 昭和時代の薬学者。
明治36年8月15日生まれ。昭和15年京都帝大教授となり,有機薬化学講座を創設。のち初代薬学部長。退官後京都薬大学長。日本薬学会会頭をつとめた。植物塩基化学構造に関する研究で,35年学士院賞。平成元年9月25日死去。86歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「製薬化学」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富田真雄
とみたまさお
(1903―1989)

薬学者。東京都出身。東京帝国大学薬学科卒業。薬学博士。乙卯(いつう)研究所主任研究員を経て、1940年(昭和15)京都帝国大学教授となり、有機薬化学講座を創設。塩基性天然有機化合物研究を進め、1957年(昭和32)「各種塩基の研究」で日本薬学会賞を受賞。ビスコクラウリン型塩基の全合成を完成、欧米に先んじて必須(ひっす)の開裂反応を開発した。1960年「植物塩基の構造研究」により日本学士院賞を受賞。京大初代薬学部長、京大微量元素分析総合施設を創始。日本学術会議会員、京大名誉教授、日本薬学会会頭、京都薬科大学学長、その他要職を歴任した。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

富田真雄の関連キーワード近藤平三郎昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android