コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富魚 とみよ

大辞林 第三版の解説

とみよ【富魚】

トゲウオ目の淡水魚。全長約5センチメートル。体は紡錘形で側扁し、背びれに九本前後のとげがある。体は灰黄色で背は青黒く、体側に暗色横帯がある。水の澄んだ細流や池にすむ。水草などで巣をつくり、その中で産卵する。北日本と中国・朝鮮半島に分布。 → トゲウオ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とみよ

トゲウオ科の淡水魚。水の澄んだ池などにすむ。全長約5センチ背びれに9、10本のとげがあり、体側に鱗板(りんばん)が並ぶ。体色は灰黄色で背部は青みを帯びる。春から夏にかけて、水草で球状の巣を作り産卵する。北海道・本州に分布。はりお。
[補説]「富魚」とも書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例