寒帯前線ジェット気流(読み)カンタイゼンセンジェットキリュウ

デジタル大辞泉「寒帯前線ジェット気流」の解説

かんたいぜんせん‐ジェットきりゅう〔‐キリウ〕【寒帯前線ジェット気流】

緯度30~50度の中緯度帯にできる寒帯前線帯で吹く強い西。冬に強まり、夏は弱まる。南北に大きく蛇行し、途中分裂・消失するなど、変動が大きい。日本や北米大陸の上空では、亜熱帯ジェット気流と合流することがある。寒帯ジェット気流

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の寒帯前線ジェット気流の言及

【ジェット気流】より

…この場合,水平断面図上のジェット気流は,圏界面付近のジェット気流の軸を取り巻く風速の強い領域が下方へ伸びたものである。ジェット気流には亜熱帯ジェット気流Jsと寒帯前線ジェット気流Jpの2種類がある。日々の状態の典型的な場合,圏界面は南から熱帯圏界面,中緯度圏界面,寒帯圏界面に分かれ,各圏界面間にはギャップがあるが,この位置に南からそれぞれ亜熱帯ジェット気流,寒帯前線ジェット気流が存在している(図2)。…

※「寒帯前線ジェット気流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android