コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛政の三助 カンセイノサンスケ

デジタル大辞泉の解説

かんせい‐の‐さんすけ〔クワンセイ‐〕【寛政の三助】

寛政期、代表的な朱子学者として古賀弥助(こがやすけ)(精里)・尾藤良佐(びとうりょうすけ)(二洲)・柴野彦輔(しばのひこすけ)(栗山)の三人をさす。古賀のかわりに岡田清助(寒泉)をさすこともある。寛政の三博士

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんせいのさんすけ【寛政の三助】

寛政期の名前に「すけ」のある三人の優れた学者。古賀弥助(精里)・尾藤良佐(二洲)・柴野彦輔(栗山)の三人。寛政の三博士。寛政の三学士。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寛政の三助の関連キーワード大塚先儒墓所柴野栗山古賀精里尾藤二洲三介

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android