寛政の三助(読み)カンセイノサンスケ

デジタル大辞泉の解説

かんせい‐の‐さんすけ〔クワンセイ‐〕【寛政の三助】

寛政期、代表的な朱子学者として古賀弥助(こがやすけ)(精里)・尾藤良佐(びとうりょうすけ)(二洲)・柴野彦輔(しばのひこすけ)(栗山)の三人をさす。古賀のかわりに岡田清助(寒泉)をさすこともある。寛政の三博士

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんせいのさんすけ【寛政の三助】

寛政期の名前に「すけ」のある三人の優れた学者。古賀弥助(精里)・尾藤良佐(二洲)・柴野彦輔(栗山)の三人。寛政の三博士。寛政の三学士。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんせい【寛政】 の 三助(さんすけ)

江戸中期、寛政期の代表的な朱子学者、古賀彌助(精里)、尾藤良佐(二洲)、柴野彦輔(栗山)の三人の称。寛政の三博士。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android