寛政の三助(読み)カンセイノサンスケ

デジタル大辞泉の解説

かんせい‐の‐さんすけ〔クワンセイ‐〕【寛政の三助】

寛政期、代表的な朱子学者として古賀弥助(こがやすけ)(精里)・尾藤良佐(びとうりょうすけ)(二洲)・柴野彦輔(しばのひこすけ)(栗山)の三人をさす。古賀のかわりに岡田清助(寒泉)をさすこともある。寛政の三博士

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんせいのさんすけ【寛政の三助】

寛政期の名前に「すけ」のある三人の優れた学者。古賀弥助(精里)・尾藤良佐(二洲)・柴野彦輔(栗山)の三人。寛政の三博士。寛政の三学士。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android