尾藤二洲(読み)びとうにしゅう

  • 1747―1813
  • びとうじしゅう
  • びとうにしゅう〔ニシウ〕
  • 尾藤二洲 (びとうじしゅう)
  • 尾藤二洲 びとう-じしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]延享2(1745).10.8. 伊予川之江
[没]文化10(1813).12.4.
江戸時代後期の朱子学派の儒学者。名は孝肇,字は志尹,通称は良佐,号は二州,約山。大坂に出て片山北海に古文辞学を学んだが,のち中井竹山,同履軒らと交わって朱子学に転じた。寛政3 (1791) 年松平定信に登用されて昌平黌教官となり,柴野栗山らと「寛政異学の禁」に参画した。寛政の三博士の一人。著書『正学指掌』 (87) ,『称謂私言』 (1800成立) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

江戸中・後期の朱子学者。名は孝肇,字は志尹。伊予(いよ)川之江の廻船業家に生まれる。5歳で足を折り,不自由な身体を押して学に志し,片山北海に復古学を学び,頼春水に朱子学を受けた。寛政(かんせい)改革のとき幕府の儒者となり,昌平黌教官とし学制制定に参加,柴野栗山らとともに〈寛政の三博士〉の一人となった。著書《正学指掌》《素餐録(そさんろく)》《称謂私言(しょういしげん)》《静寄軒(せいきけん)文集》など。
→関連項目岡田寒泉寛政の三博士古賀精里頼山陽

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1747-1814* 江戸時代中期-後期の儒者。
延享4年10月8日生まれ。片山北海にまなび,頼春水(らい-しゅんすい)らとまじわる。徂徠(そらい)学から朱子学に転じ寛政3年昌平黌(しょうへいこう)教授。古賀精里,柴野栗山(しばの-りつざん)とともに寛政の三博士といわれた。文化10年12月14日死去。67歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。名は孝肇(たかもと)。字(あざな)は志尹(しいん)。通称は良佐(りょうすけ)。別号に約山。著作に「正学指掌(せいがくししょう)」「素餐(そさん)録」など。
【格言など】人を使うは,なお馬を使うがごとし。あるいはその馴良(じゅんりょう)なるを取り,あるいはその神駿(しんしゅん)なるを取る

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:文化10.12.14(1814.2.3)
生年:延享4.10.8(1747.11.10)
江戸中・後期の儒学者。柴野栗山,古賀精里と並んで「寛政三博士」のひとり。名孝肇,字志尹,通称良佐,号に二洲,約山,静寄軒などがある。伊予川之江(愛媛県川之江市)の回船業者の子に生まれたが,5歳のとき足を病んで歩行が不自由になったこともあって学問に専念するようになった。明和7(1770)年に大坂に出て片山北海に学び,のちに私塾を開いて,懐徳堂の中井履軒や頼春水らと交わり,徂徠学の影響を脱して朱子学の復興に志すようになった。天明7(1787)年,朱子学の基本を分かりやすく国文で記した『正学指掌』を刊行した。寛政異学のと昌平黌改革に伴い,寛政3(1791)年町儒者から抜擢されて幕府学問所教授(聖堂付儒者)となり,同所の運営や幕臣子弟等の教育に当たった。歩行が困難なため,特に学問所敷地内に官舎をもらった。頼春水,古賀精里らの寛政朱子学派の中では理論家で,主著『素餐録』『択言』は彼の朱子学研鑽の成果を集めたもの。このほか,「正名」の問題を論じた『称謂私言』,『中庸』の解釈を図解した『中庸首章図解』,随筆『静寄余筆』『冬読書余』,死後に編まれた文集『静寄軒集』などの著書がある。後,同僚の柴野栗山,古賀精里らと同じく,儒葬により大塚の先儒墓地に葬られた。<参考文献>白木豊『尾藤二洲伝』,頼春水「在津紀事」「師友志」(日本儒林叢書3巻),五弓久文編『事実文編』48巻

(梅澤秀夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1747‐1813(延享4‐文化10)
江戸中後期の儒学者。名は孝肇,字は志尹。約山とも号する。伊予川之江の廻船業の家に生まれる。5歳のとき,足疾を得て学問に志し,徂徠学を学ぶ。24歳で大坂に出て片山北海に師事。まもなく朱子学に転向,頼春水・古賀精里らと研究し,私塾で教えるかたわら正学再興を志す。1791年(寛政3)幕府の儒者に登用され,昌平黌の学政確立に尽力した。寛政の三博士の一人。主著は《素餐録(そさんろく)》《正学指掌》。【頼 祺一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸後期の儒学者。名は孝肇(たかもと)、字(あざな)は志尹(しいん)、通称は良佐。伊予国川之江の廻船(かいせん)業者の家に生まれた。幼時に足を傷め、学問に励んで荻生徂徠(おぎゅうそらい)の古文辞学などを学んだ。24歳のとき大坂に出て片山北海(かたやまほっかい)(1723―1790)に師事、同門の頼春水(らいしゅんすい)、懐徳堂(かいとくどう)の中井竹山(ちくざん)・履軒(りけん)らと交わった。詩文をよくする一方、思想面では朱子学に転じて、頼春水・春風(1753―1825)、古賀精里(こがせいり)らの同志と、これを「正学」として考究・唱導した。寛政(かんせい)異学の禁に際して、1791年(寛政3)幕府に召し出され、昌平黌(しょうへいこう)の儒官を20年勤めて江戸に没した。岡田寒泉(おかだかんせん)(または古賀精里)、柴野栗山(しばのりつざん)とともに寛政(かんせい)の三博士(はかせ)と称せられた。著述に『正学指掌(せいがくししょう)』(1784)『素餐(そさん)録』(1777成立)など、また集として『静寄軒集』(刊年未詳)がある。

[黒住 真 2016年6月20日]

『頼惟勤著『尾藤二洲について』(『日本思想大系37 徂徠学派』所収・1972・岩波書店)』『白木豊著『尾藤二洲伝』(1979・川之江市)』『頼一著『近世後期朱子学派の研究』(1986・渓水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1747年10月8日
江戸時代中期;後期の儒学者
1814年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸後期の儒者。名は孝肇。字(あざな)は志尹。通称良佐。伊予国川之江(愛媛県四国中央市)の人。宇田川楊軒に就いて徂徠学を修めたのち、上坂して片山北海の門で朱子学に転じ、「寛政異学の禁」に参画。寛政三年(一七九一)幕府に召されて昌平黌教官となった。寛政三博士の一人。著「静寄世筆」「冬読書余」「正学指掌」「素餐録」「静寄軒集」など。延享四~文化一〇年(一七四七‐一八一三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1747〜1813
江戸後期の朱子学者
伊予(愛媛県)の人。大坂に出て,初め古文辞学,のち朱子学を学んだ。柴野栗山にすすめて松平定信に寛政異学の禁を行わせ,1791年には昌平坂学問所の儒官となり朱子学の振興につとめた。柴野栗山・古賀精里と並び寛政の三博士と称された。著書に『正学指掌』『静寄余録』など。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の尾藤二洲の言及

【伊予国】より

…宇和島藩の内徳館教授安藤陽州は京都古義堂の出身であり,寛政期に岡研水が朱子学を導入した。寛政の三博士の一人尾藤二洲は川之江に生まれ,その弟子近藤篤山は小松藩に仕えて伊予聖人といわれた。松山藩の日下伯巌も朱子学者で,心学の田中一如は松山に六行(りくこう)舎を開いた。…

※「尾藤二洲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android