コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴野栗山 しばの りつざん

百科事典マイペディアの解説

柴野栗山【しばのりつざん】

江戸中期の儒学(朱子学)者。寛政(かんせい)の三博士の一人。讃岐(さぬき)の人。後藤芝山(しざん)につき,のち昌平黌(こう)に学ぶ。京都で赤松滄洲(そうしゅう)らと交わった。
→関連項目市河米庵岡田寒泉寛政の三博士古賀精里清田【たん】叟尾藤二洲皆川淇園屋代弘賢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴野栗山 しばの-りつざん

1736-1807 江戸時代中期-後期の儒者。
元文元年生まれ。昌平黌(しょうへいこう)にまなび,京都で国学をおさめる。53歳で老中松平定信(さだのぶ)にまねかれ幕府儒官,昌平黌の教官となる。朱子学の振興をはかり,「寛政異学の禁」を実施した。尾藤二洲(びとう-じしゅう),古賀精里(せいり)とともに寛政の三博士と称された。文化4年12月1日死去。72歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。名は邦彦。通称は彦輔。別号に古愚軒など。著作に「栗山文集」「栗山堂詩集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

柴野栗山

没年:文化4.12.1(1807.12.29)
生年:元文1(1736)
江戸中・後期の儒学者。尾藤二洲,古賀精里と共に,「寛政三博士」のひとり。名は邦彦,字は彦輔,通称彦助。号栗山,古愚軒。讃岐国(香川県)三木郡牟礼村の農家に生まれ,10歳ごろから後藤芝山について学んだ。18歳で江戸に出て林大学頭信充に入門し,主に中村蘭林に学んだ。明和4(1767)年徳島藩蜂須賀家に仕え,以後は主に京都に在って赤松滄洲,皆川淇園,西依成斎らと交遊し,三白社と称した。天明8(1788)年老中松平定信による昌平黌改革が始まり,栗山は儒官に登用されて江戸に移り,切米200俵を給されて幕臣となった。寛政2(1790)年岡田寒泉と共に聖堂取締を命ぜられ,大学頭信敬を補佐して朱子学による学風の統一,刷新と学制の整備に当たり,異学の禁を実施した。6年寒泉は代官に転じ,栗山も9年西の丸奥儒者に転じて聖堂取締は古賀精里に代わった。江戸駿河台の自邸に没し,初め林家墓地に葬られたが,のちに大塚の先儒墓地に改葬された。栗山は詩,文章でも名高く,詩文集に『栗山文集』『栗山堂詩集』『栗山堂文集』などがある。このほか,幕府政治全般に対する意見書「栗山上書」(『日本経済叢書』17巻),山陵修復の必要を説いた「山陵議」,京都に学校を建設すべきを論じた「京学議」などの意見書,幕命により編修した通史『国鑑』,漢詩文の索引『雑字類編』などの編著書があるが,経学上の著述はほとんどない。<参考文献>福家惣衛『柴野栗山』,五弓久文編『事実文編』45巻

(梅澤秀夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しばのりつざん【柴野栗山】

1736‐1807(元文1‐文化4)
江戸中期の儒学者。名は邦彦,字は彦輔,栗山は号。讃岐国牟礼村出身。江戸の林家に学び阿波藩儒に登用され,のち京都に住んで朱子学をとなえた。1788年(天明8)幕府儒員となり,松平定信の寛政改革に際してしばしば意見を具申。古学を排斥して朱子学の官学化をはかり,〈寛政異学の禁〉を建議して実現させた。また林述斎らと幕府の教学制度の確立に尽力した。〈寛政の三博士〉の一人。《栗山文集》がある。【頼 祺一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しばのりつざん【柴野栗山】

1736~1807) 江戸後期の儒者。寛政三博士の一人。讃岐さぬきの人。名は邦彦。阿波藩に仕えたのち、幕府に召されて昌平黌しようへいこう教官となり、朱子学振興・寛政異学の禁を建議、推進した。著「栗山文集」「雑字類編」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柴野栗山
しばのりつざん

[生]元文1(1736).高松
[没]文化4(1807).12.1. 江戸
江戸時代中期~後期の儒学者。名は邦彦,字は彦輔,栗山はその号。儒学,国学を学んだが,天明8 (1788) 年松平定信が老中になった際,召されて江戸幕府の儒官となった。荻生徂徠の古学の思想に強く影響されていた世の風潮に反対して,朱子学を再び普及することが任務であった。すなわち「寛政異学の禁」の立役者である。尾藤二洲古賀精里とともに「寛政の三博士」と呼ばれ,特に文章をよくした。著書に『栗山文集』『栗山堂詩集』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴野栗山
しばのりつざん
(1736―1807)

江戸中期の儒者。名は邦彦。字(あざな)は彦輔(ひこすけ)。通称は万吉、平助。古愚軒(こぐけん)とも号す。元文(げんぶん)元年、平左衛門の長子として讃岐(さぬき)国(香川県)三木郡牟礼(むれ)村に生まれる。少年時代より高松藩の後藤芝山(ごとうしざん)(1721―1782)に学んだ。18歳のとき(1753)、江戸に出て林正懿(はやしせいい)(榴岡(りゅうこう)、1681―1758)の門人となり、以後十数年昌平黌(しょうへいこう)にあった。30歳で江戸を去って京に遊び、多くの文人・学者と交遊。32歳より阿波(あわ)国徳島藩主蜂須賀(はちすか)侯に儒臣として仕え、さらに36歳で京都堀川に塾を開いて業を講じた。1788年(天明8)53歳のとき江戸に召されて幕府の儒員、昌平黌の教官となり、以後大学頭(だいがくのかみ)林信敬(のぶたか)(1767―1793)、岡田寒泉らと学政の改革に努めた。老中松平定信(まつだいらさだのぶ)に勧めて異学の禁を発し、程朱学を振興したことは有名。その後も幕命で、畿内(きない)の古社寺の調査や外交の事の諮問にあずかることもあった。尾藤二洲(びとうじしゅう)・古賀精里(こがせいり)とともに寛政(かんせい)三博士の一人。文化(ぶんか)4年12月1日、72歳で没した。『栗山文集』5巻(1843)、『栗山堂詩集』4巻(1807ころ)などがある。[黒住 真]
『福家惣衛著『柴野栗山』(1949/復刻版・2006・栗山顕彰会) ▽「柴野栗山」(『森銑三著作集 第8巻』所収・1971・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柴野栗山の関連キーワード武元登々庵柴野碧海清水雷首山田鹿庭大塚孝綽柴野方閑三上竜山久保盅斎江川英毅栗原信充岩瀬華沼菊池南洲菱川月山黒沢東蒙黒沢雉岡今井箋斎大蔵謙斎大槻平泉坂元玄岡西山拙斎

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android