コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛永三馬術 かんえいさんばじゅつ

1件 の用語解説(寛永三馬術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんえいさんばじゅつ【寛永三馬術】

講談。曲垣(まがき)平九郎,向井蔵人筑紫市兵衛主人公とした典型的な武芸講談。そのうち平九郎が将軍徳川家光の命で芝愛宕山の男坂を馬で乗り上がり梅花を手折る《出世の春駒》が名高い。また曲垣流の秘術を会得しようとする度々平(どどへい)と平九郎との主従愛,越前宰相(実録本では尾州侯)の御前で荒馬を乗りこなす度々平(実は蔵人)と和田平(実は平九郎)のくだりは今日でもおもしろく,よく演じられる。【吉沢 英明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寛永三馬術の関連キーワード愛宕山水藤錦穣半籬籬節曲垣平九郎夕籬鎌倉平九郎(初代)鎌倉平九郎(2代)福島平九郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寛永三馬術の関連情報