コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御前 みさき

13件 の用語解説(御前の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御前
みさき

主神の御前にあって前駆をつとめる小神の意であったが,のちには民間信仰における死霊や怨霊,きつね,つきものなどの呼び名となった。御前の恐ろしいものを荒御前という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

お‐まえ〔‐まへ〕【御前】

[名]《「おおまえ(大前)」の音変化で、神仏・貴人の前を敬っていう。転じて、間接的に人物を表し、貴人の敬称となる》
神仏・貴人のおん前。おそば近く。みまえ。ごぜん。「主君のお前へ進み出る」
貴人を間接にさして敬意を表す言い方。「…のおまえ」の形でも用いる。
「かけまくもかしこき―をはじめ奉りて」〈・二四〉
「宮の―の、うち笑ませ給へる、いとをかし」〈・二七八〉
[代]《古くは目上の人に対して用いたが、近世末期からしだいに同輩以下に用いるようになった》二人称の人代名詞。
親しい相手に対して、または同輩以下をやや見下して呼ぶ語。「お前とおれの仲じゃあないか」
近世前期まで男女ともに目上の人に用いた敬称。あなたさま。
「私がせがれにちゃうど―ほどながござれども」〈浄・阿波鳴渡

お‐めえ【前】

[代]《「おまえ」の音変化》二人称人代名詞。「おまえ」のぞんざいな言い方。

おん‐まえ〔‐まへ〕【御前】

」の敬称。神仏や貴人などの前。
女性が手紙の脇付(わきづけ)に用いる語。御前に。

ご‐ぜ【御前】

《「ごぜん」の音変化》
[名]貴人。または、貴人の座前。
「えびすの―の腰掛けの石」〈虎明狂・石神
[代]二人称の人代名詞。婦人に対して用いる尊敬語。
「や、―、―、と言ひけれども音もせず」〈義経記・七〉
[接尾]人を表す名詞に付いて、その人に対する尊敬の意を添える。「尼御前」「母御前
[補説]ふつう、女性に対して用いるが、男性に対しても用いることがある。
「やや副将御前、こよひはとくとく帰れ」〈平家・一一〉

ご‐ぜん【御前】

[名]
貴人・主君などの座の前、または、面前。おまえ。おんまえ。みまえ。「陛下の御前で演奏する」
神仏や神社仏閣を敬っていう語。また、神主住職を敬っていう語。
「わしが死んでも―さんに相談して」〈康成・十六歳の日記〉
貴人や高位の人の敬称。また、その妻の敬称。
「―御寝なりて、御覧ぜず成りにき」〈今昔・二四・三〇〉
《「御前駆(ごぜんく)」の略》「前駆」を敬っていう語。みさきおい。みさきばらい。
「かの―、随身、車副(ぞ)ひ、舎人(とねり)などまで禄賜はす」〈・宿木〉
近世、大名旗本、またその妻の敬称。
「ある大名の―死去の後」〈浮・一代女・一〉
[代]二人称の人代名詞。
高位高官の男性を敬っていう。
「―の御贔負(ごひいき)に甘えまして」〈木下尚江火の柱
婦人を敬っていう。
「―たち、さはいたく笑ひ給ひて、わび給ふなよ」〈宇治拾遺・一四〉
近世、大名旗本、また、その妻を敬っていう。
「―の御出でなさるる儀ではござりませぬ」〈伎・毛抜
[接尾]
神の名に付いて、尊敬の意を表す。「竜王御前」「西宮の恵比須御前
人を表す名詞に付いて、尊敬の意を表す。「六代御前」「父御前
特に白拍子の名に付いて、敬称として用いる。「静御前」「祇王御前

み‐まえ〔‐まへ〕【御前】

神仏や貴人の前。おまえ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おまい【御前】

( 代 )
〔「おまえ」の転〕
二人称。同等以下の相手に用いる。 〔「おまえ」よりやや卑俗な語感をもつ〕

おまえ【御前】

[2] ( 名 )
神仏・貴人の前。おんまえ。みまえ。 「神の-にぬかずく」
身分の高い人を直接にさすことを避けていう語。 「 -にはいと悩ましげにて/落窪 1
(「…のおまえ」の形で)身分の高い人を敬う気持ちで付ける語。 「殿の-は三十より関白せさせ給ひて/大鏡 道長
[0] ( 代 )
二人称。
同等またはそれ以下の相手をさしていう。多く男性が用いる。 「 -はなんというだらしない男だ」
相手を敬っていう語。男女ともに用いる。あなたさま。 「 -にだにつつませ給はむことを、ましてことびとはいかでか/源氏 手習
三人称。第三者を敬っていう語。あのかた。 「これは-に参らせ給へ/源氏 玉鬘」 〔二人称としては近世前期までは最も高い敬意をもって用いられたが、次第に敬意が薄れ、明治以降は対等またはそれ以下の者に対する語となった〕

おめえ【御前】

( 代 )
〔「おまえ」の転〕
二人称。
同輩以下の者に対するぞんざいな言い方として用いられる。 「おれがこうなったのも-のせいだ」
近世には、対等あるいはそれ以上の者に対して、男女ともに用いる。 「 -お茶を上がるかえ/洒落本・青楼楽種」

おんまえ【御前】

貴人の前。 「陛下の-に進み出る」
女性の手紙の脇付わきづけに用いる語。御前に。

ごぜ【御前】

〔「ごぜん(御前)」の転〕
( 名 )
貴人などに対する敬称。ごぜん。 「夷えびすの-腰掛けの石/狂言・石神」
( 代 )
二人称。女性に対し敬意を含めて用いる。ごぜん。 「や-、-と言ひけれども音もせず/義経記 7
( 接尾 )
女性の名などに付けて、敬意を添える。ごぜん。 「姫-」

ごぜん【御前】

〔「おまえ」の漢字表記「御前」を音読みした語〕
( 名 )
天皇や貴人の前。また、神仏の前。 「 -に伺候する」
〔「御前駆」の略〕 騎馬で貴人の先導をする者。 「 -どもの中に例見ゆる人などあり/蜻蛉
貴人に対する敬称。近世、大名・旗本・大名の奥方に対する敬称。 「 -御寝なりて/今昔 24
( 代 )
二人称。
女性に対し敬意を含めて用いる。 「 -たち、さはいたく笑ひ給ひてわび給ふなよ/宇治拾遺 14
近世、大名・旗本、その奥方などを家臣が敬っていう語。 「是ははしたない、-の御いでなさるる儀ではござりませぬ/歌舞伎・毛抜」
( 接尾 )
神の名に付けて、尊敬の意を表す。 「かかる折節には竜王-ともこそかしづき申すべき/盛衰記 18
人の名などに付けて軽い尊敬や親愛の気持ちを表す。 「小松三位中将殿の若君六代-/平家 12
白拍子しらびようしの名に付ける敬称。 「祇王-/平家 1

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御前の関連キーワード音読み湯桶読み大御前大根御座火事出張釣り御前静岡県御前崎市御前崎御前崎〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御前の関連情報