コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出世 シュッセ

2件 の用語解説(出世の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐せ【出世】

[名](スル)
社会的に高い身分・地位を得ること。「出世して親を喜ばす」「立身出世
この世に生まれ出ること。
「先づ老子―し、次孔子出」〈雑談集・九〉
仏語。
㋐仏が衆生(しゅじょう)を救うためこの世に現れること。しゅっせい。
㋑俗世間を離れて仏道に入ること。また、その人。出家。
㋒比叡山で、公卿の子弟の出家したもの。
㋓禅寺の住持となること。特に、紫衣を賜り、師号を受け、あるいは勅宣を蒙って官寺の住持となること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅっせ【出世】

( 名 ) スル
世に出て高い地位につき、世間に名が知られる身分になること。 「立身-」 「 -街道」
地位があがること。 「係長に-する」
この世に生まれ出ること。出生。 「先づ老子-し次に孔子出/雑談 9
〘仏〙
出世間 」に同じ。
諸仏が衆生しゆじよう救済のためにこの世界に姿を現すこと。
比叡山で公卿の子息が剃髪ていはつして僧となったこと。
禅宗で僧が大寺院の住職となること。特に、勅許の紫衣道場の住職となること。 〔 から転義したもので、その昇進が特に早かったことからいう〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の出世の言及

【住職】より

…古くからある住持職(住持)の略称。住職になることを出世(しゆつせ)といい,住職として実際にその寺に入ることを入院(じゆいん),あるいは晋住(しんじゆう),また晋山(しんざん)という。住職という呼称は,今日では宗派を問わず多く用いられているが,歴史的にみると,寺院最高位の僧職の呼称は時代により宗派により,またそれぞれの寺院によって,さまざまの異称や尊称がある。…

【上人】より

…その綸旨を受けると,香衣を着ることができた。浄土宗では上人号を受けることを出世といった。浄土系諸宗や日蓮宗では僧の通号となっている。…

※「出世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

出世の関連キーワード社会的絆社会的リスク士人社会的社会的存在陪席立身卑しい貴介

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出世の関連情報