審決取消訴訟

産学連携キーワード辞典の解説

審決取消訴訟

「審決取消訴訟」とは、拒絶査定不服審判、特許無効審判などの審決に対して、審決の取消を求め、提訴を行う訴訟のことを指す。「審決取消訴訟」は、審決の謄本送達日から30日以内に行わなければならない。審決取消訴訟は第2審から始まり、上告理由があれば最高裁判所に上告することもできる。尚、審決確定後の不服申し立ては基本的にできない。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android