コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

審決取消訴訟

1件 の用語解説(審決取消訴訟の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

審決取消訴訟

審決取消訴訟」とは、拒絶査定不服審判特許無効審判などの審決に対して、審決の取消を求め、提訴を行う訴訟のことを指す。「審決取消訴訟」は、審決の謄本送達日から30日以内に行わなければならない。審決取消訴訟は第2審から始まり、上告理由があれば最高裁判所に上告することもできる。尚、審決確定後の不服申し立ては基本的にできない。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

審決取消訴訟の関連キーワード行政不服審査法審決審査請求行政審判同意審決拒絶査定拒絶査定不服審判出願の変更前置審査早期審査

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

審決取消訴訟の関連情報