コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寶覚寺 ほうかくじ

1件 の用語解説(寶覚寺の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ほうかくじ【寶覚寺】

台湾中西部の台中(臺中、タイチョン)の市街にある仏教寺院。創建は1928年。この寺を有名にしているのは、高さ30mの黄金色の弥勒大仏(台湾で2番目に大きい大仏)である。この大仏の耳を触ると幸福が訪れ、へそに触るとへそくりが増え金持ちになるといわれている。ここは日本ゆかりの寺でもあり、戦前、台湾中部で亡くなった1万4000人の日本人移民の墓地がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寶覚寺の関連キーワード林献堂大町台中舞台中継彰化台湾大地震日本の台湾統治中西大町台湾[省]台湾日日新報

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone