コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寶覚寺 ほうかくじ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ほうかくじ【寶覚寺】

台湾中西部の台中(臺中、タイチョン)の市街にある仏教寺院。創建は1928年。この寺を有名にしているのは、高さ30mの黄金色の弥勒大仏(台湾で2番目に大きい大仏)である。この大仏の耳を触ると幸福が訪れ、へそに触るとへそくりが増え金持ちになるといわれている。ここは日本ゆかりの寺でもあり、戦前、台湾中部で亡くなった1万4000人の日本人移民の墓地がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android