寺島 一夫(読み)テラジマ カズオ

20世紀日本人名事典の解説

寺島 一夫
テラジマ カズオ

昭和期の社会運動家



生年
明治38(1905)年12月3日

没年
平成2(1990)年5月4日

出生地
東京市四谷

本名
佐藤 一郎

旧姓(旧名)
波多野 一郎

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部〔昭和3年〕卒

経歴
無産者新聞の支局員となり、数回にわたって検挙される。昭和4年結成の日本プロレタリア科学研究所に参加し、寺島筆名経済学、政治理論の研究で多くの論文を発表。5年「支那問題講和」を刊行。他にプロレタリア科学叢書の1冊として「第三期とは何か」などの著書がある。のちコップに参加し「プロレタリア文化」の編集長などをつとめる。7年検挙され、8年保釈出獄後は清水市に移り、妻の籍に入って、清水姓をなのる。戦後は静岡大学で経済学を講じたりした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android