寺島 珠雄(読み)テラシマ タマオ

20世紀日本人名事典の解説

寺島 珠雄
テラシマ タマオ

昭和・平成期の詩人,労働運動家



生年
大正14(1925)年8月5日

没年
平成11(1999)年7月22日

出生地
東京

本名
大木 一治

学歴〔年〕
東金小卒

経歴
中学3年で中退、放浪生活を送り、仙台少年院から横須賀海兵団に入る。昭和19年戦時逃亡罪で横須賀海軍刑務所に入れられ、敗戦で釈放。千葉県の私鉄に勤め、労組を結成、委員長となった。その後は私鉄、繊維、鉄鋼などの労働運動に従事。一方、アナーキスト詩人として知られ「コスモス」などに詩を発表。25年から再び放浪し、新聞記者、土工、飲食店などを転々、40年大阪釜ケ崎に流れ着いた。45年「どぶねずみの歌」を刊行。月刊「労務者渡世」編集委員、新日本文学会会員。詩集に「ぼうふらの歌」「まだ生きている」「わがテロル考」、向井孝と共著「反政治詩集」、編著に「私の大阪地図」、「小野十三郎著作集」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

寺島 珠雄 (てらしま たまお)

生年月日:1925年8月5日
昭和時代;平成時代の詩人;労働運動家
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android