寺池静人(読み)てらいけ しずと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺池静人 てらいけ-しずと

1933- 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和8年2月8日生まれ。父は陶芸家・寺池陶秌(とうしゅう)。昭和28年京都青陶会に入会し,楠部弥弌に師事。30年日展初入選。41年清水焼団地に移る。49年バロリス国際陶芸ビエンナーレ展にて名誉最高大賞。平成2年日展会員賞,6年日本新工芸展文部大臣賞。8年日展評議員。25年日展出品作「富貴想」で芸術院賞。日本新工芸家連盟理事。京都府出身。日吉ケ丘高卒。本名は寺池静雄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android