コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠部弥弌 くすべやいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楠部弥弌
くすべやいち

[生]1897.9.10. 京都
[没]1984.12.18. 東京
陶芸家。 1913年,京都陶磁試験所特別科で陶技を学ぶ。赤土社の結成に加わり,昭和初年より官展にあって新傾向を開拓した。 72年文化功労者,日本芸術院会員,78年文化勲章受章。主要作品『白磁四方花瓶』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くすべ‐やいち【楠部弥弌】

[1897~1984]陶芸家。京都の生まれ。本名、弥一。芸術院会員。大正8年(1919)、陶芸者集団赤土(せきど)社の結成に参加し、創作陶芸運動を開始。以後、帝展日展などで活躍。昭和53年(1978)文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

楠部弥弌【くすべやいち】

陶芸家。京都に生まれる。本名弥一。京都市立陶磁器試験場に学んだ後,官展,京都市展などに出品。1927年耀々(ようよう)会を創立し,保守的な京都の陶芸界に新風を吹きこんだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠部弥弌 くすべ-やいち

1897-1984 大正-昭和時代の陶芸家。
明治30年9月10日生まれ。大正8年八木一艸(いっそう)らと赤土(せきど)社を結成。創作陶芸運動をすすめる。「彩埏(さいえん)」とよぶ独自の技法を考案。日展出品作「慶夏花瓶」で昭和29年芸術院賞をうけ,37年芸術院会員となる。53年文化勲章。昭和59年12月18日死去。87歳。京都出身。本名は弥一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くすべやいち【楠部弥弌】

1897‐1984(明治30‐昭和59)
陶芸家。京都に生まれる。本名弥一。1915年京都市立陶磁器試験場付属伝習所を卒業。20年作家集団〈赤土(せきど)〉の結成に参加,京都陶壇に新風をそそぐ。27年帝国美術院展に第4部(美術工芸部)が新設されるや《葡萄文花瓶》で初入選,33年《青華甜瓜文繡文菱花式竜耳花瓶》が同展特選を獲得。作風は白磁に薄肉の彫塑的文様をほどこす技術から,やがてこれに釉裏紅の彩色を加え,あるいは碧玉釉や早蕨釉をかけたもののほか,粟田焼風の色絵陶器にも見るべきものがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くすべやいち【楠部弥弌】

1897~1984) 陶芸家。京都府生まれ。本名、弥一。1919年(大正8)陶芸団体「赤土社」結成に参加。革新的な陶芸運動を展開。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楠部弥弌
くすべやいち
(1897―1984)

京都の陶芸作家。京都市東山区三条通白川に生まれる。本名は弥一。1912年(明治45)4月に京都市陶磁器試験所の伝習生となり、19年(大正8)、同窓生とともに赤土(せきど)社を結成した。25年にパリの博覧会において入賞し、27年(昭和2)帝展に入選して以来、官展で活動した。54年(昭和29)日本芸術院賞を受賞、62年日本芸術院会員となり、72年には文化功労者となった。78年文化勲章受章。陶技では彩(さいえん)とよぶ独自の加飾法を開発し、単純な形のほかに、自然の情感を尊ぶ作風をつくりあげた。[矢部良明]
『乾由明編『現代日本陶芸全集10 楠部彌弌』(1981・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

楠部弥弌の関連キーワード河合 栄之助河村 熹太郎山本 陶秀河村熹太郎河合栄之助八木 一艸昭和時代楠部彌弌寺池静人今井政之山本陶秀京都府

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android