対外的(読み)たいがいてき

精選版 日本国語大辞典の解説

たいがい‐てき タイグヮイ‥【対外的】

〘形動〙 外部および外国に対するさま。
※東京学(1909)〈石川天崖〉一五「同人間に於ての機密は相互に之れを守り相互に之れを秘するの義務があるが、対外的の仕事では是非とも之れを探りてその機に投じ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対外的の関連情報