機密(読み)きみつ

精選版 日本国語大辞典「機密」の解説

き‐みつ【機密】

〘名〙 (枢機(すうき)に関する秘密の意) 非常に重要な秘密の事柄。特に、政治上、軍事上の秘密にいう。
※続日本紀‐慶雲二年(705)四月丙寅「太政官議奏、其職近大納言、事関機密
※読本・双蝶記(1813)六「隠語を以て自筆にかかれし奇密(キミツ)の文」 〔書‐劉向伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「機密」の解説

き‐みつ【機密】

《枢機に関する秘密の意》政治・軍事上、きわめて重要な事柄についての秘密。「機密漏洩ろうえいを防ぐ」「機密文書」
[類語]こっそり忍びやかそっと秘密内内うちうち内内ないない内輪内部内密内幕内裏うちうら内緒内証内分内聞内情内実隠密おんみつ極秘ごくひ厳秘げんぴ丸秘まるひ枢密すうみつ天機機事密事秘事暗部隠し事秘め事みそか事内緒ないしょ秘中の秘みそひそ秘めやか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「機密」の解説

【機密】きみつ

重要で秘密の事がら。政治上の要務要職。漢・張衡〔四愁詩、〕張衡久しく密に處(を)るを樂しまず。陽嘉中、出でての相と爲る。

字通「機」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android