コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿秀 としひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寿秀 としひで

?-? 江戸時代後期の刀工。
土佐(高知県)の人。寛政年間に江戸に出,正秀(まさひで)に入門。文化2年(1805)免許をえて紫虹子寿秀を名のり,翌年帰国。滞在期限をまもらなかった罪で一時追放となるが,のち城下で開業した。姓は刈谷,のち永尾。名は忠国,忠次。通称は右(宇)太夫

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寿秀の関連キーワードジャーナリスト田付東渓久保敬道刀工

寿秀の関連情報