コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正秀 マサヒデ

3件 の用語解説(正秀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まさひで【正秀】

[1750~1825]江戸後期の刀工。出羽の人。本名、川部儀八郎。号、水心子。江戸に出て、鎌倉末期から南北朝時代の刀を理想とする復古刀論を唱えた。著「刀剣実用論」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

正秀

没年:文政8.9.27(1825.11.7)
生年:寛延3(1750)
江戸後期の刀工。出羽国赤湯(山形県)に生まれ,はじめ宅秀,英国と銘し,安永3(1774)年,山形藩主秋元家の家臣となって川部儀八郎正秀と名を改め,水心子と号した。秋元家臣となったころ江戸に出て,八王子(東京都)の下原派の吉英に学び,江戸浜町に住んだ。若年より刀の鍛法に興味を持ち,理論と実践の両方を志して,『刀剣実用論』(1812ごろ刊),『剣工秘伝志』(1821ごろ刊)などを著し,また作刀も数多い。刀の作風は初期には大坂の津田助広を写した濤瀾刃を焼いているが,文化(1804~18)ごろからは,派手な刃文を焼いた刀は折れやすいとの考えで,備前伝の小互の目,小丁字の刃文となる。その教えを受けた刀工は,自著の『水心子正秀門人帳』に直胤,正義をはじめ日本各地の84人を載せているように,新々刀鍛冶に強い影響を与えた。<参考文献>黒江二郎『水心子正秀とその一門』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

まさひで【正秀】

1750~1825) 江戸中期の刀工・考証家。出羽の人。本名、川部儀八郎。水心子と号す。刀剣の沈滞期に復古刀論を唱え、江戸で各種の製作法を試みた。事実上の新新刀の祖。著「刀剣実用論」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

正秀の関連キーワードザンド朝トーマス教会ウェールズ文学ヒッタイト美術正秀正秀アレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正秀の関連情報