コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正秀 マサヒデ

3件 の用語解説(正秀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まさひで【正秀】

[1750~1825]江戸後期の刀工。出羽の人。本名、川部儀八郎。号、水心子。江戸に出て、鎌倉末期から南北朝時代の刀を理想とする復古刀論を唱えた。著「刀剣実用論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

正秀

没年:文政8.9.27(1825.11.7)
生年:寛延3(1750)
江戸後期の刀工。出羽国赤湯(山形県)に生まれ,はじめ宅秀,英国と銘し,安永3(1774)年,山形藩主秋元家の家臣となって川部儀八郎正秀と名を改め,水心子と号した。秋元家臣となったころ江戸に出て,八王子(東京都)の下原派の吉英に学び,江戸浜町に住んだ。若年より刀の鍛法に興味を持ち,理論と実践の両方を志して,『刀剣実用論』(1812ごろ刊),『剣工秘伝志』(1821ごろ刊)などを著し,また作刀も数多い。刀の作風は初期には大坂の津田助広を写した濤瀾刃を焼いているが,文化(1804~18)ごろからは,派手な刃文を焼いた刀は折れやすいとの考えで,備前伝の小互の目,小丁字の刃文となる。その教えを受けた刀工は,自著の『水心子正秀門人帳』に直胤,正義をはじめ日本各地の84人を載せているように,新々刀鍛冶に強い影響を与えた。<参考文献>黒江二郎『水心子正秀とその一門』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まさひで【正秀】

1750~1825) 江戸中期の刀工・考証家。出羽の人。本名、川部儀八郎。水心子と号す。刀剣の沈滞期に復古刀論を唱え、江戸で各種の製作法を試みた。事実上の新新刀の祖。著「刀剣実用論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正秀の関連キーワード円明海是一(7代)酒井忠礼貞吉(2)双竹綱俊(初代)鉄門海友則正恒(1)正秀(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正秀の関連情報