封国(読み)ホウコク

デジタル大辞泉の解説

土地を諸侯に分け与えること。また、その土地。
「須加是南王―の後、離居相見ざること既に十星霜を経たれば」〈永峰秀樹訳・暴夜物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 土地を諸侯に分与すること。また、その土地。諸侯の領国。〔書言字考節用集(1717)〕 〔日知録‐封国〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android