専属的裁判権(読み)センゾクテキサイバンケン

デジタル大辞泉の解説

せんぞくてき‐さいばんけん【専属的裁判権】

排他的・独占的に裁判を行う権利。
[補説]日米地位協定では、米軍軍人軍属・家族に対し、日本の法令では罪に問われない犯罪でも米国の法令に触れる場合は米軍当局が専属裁判権を有し、米国の法令では罪に問われない犯罪でも日本の法令に触れる場合は、日本側が専属裁判権を有するとしている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android