コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射影変換 しゃえいへんかん projective transformation

1件 の用語解説(射影変換の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

射影変換
しゃえいへんかん
projective transformation

配景対応を有限回続けて行うことにより,1つの図形を他の図形の上へ対応させる (変換する) ことをいう。配景対応を1つの関数と考えれば,この射影変換は,合成関数 (積関数) に相当する。たとえば図において,O1 を中心として平面 π を平面 π' に移す配景対応 f1 ,O2 を中心として π' を π に移す配景対応を f2 とすれば,f1f2 を続けて行うことによって得られる対応 f は射影変換である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の射影変換の言及

【幾何学】より

…これによれば,例えば,ユークリッド幾何学はユークリッド空間と合同変換(ユークリッド空間のそれ自身の上への1対1対応で任意の2点間の距離を変えないもの)のつくる群で定まり,合同変換で不変な長さや面積などを研究する幾何学となる。また,射影幾何学は射影空間(無限遠点も含めた空間)と射影変換(射影空間のそれ自身の上への1対1対応で直線を直線にうつすもの)のつくる群で定まり,射影変換で不変な結合性質や非調和化などを研究する幾何学となる。さらに,双曲幾何学は射影空間内のある二次曲面Qの内部のみを空間とみて,Qを不変にするような射影変換のつくる群を考えれば,これに対応する幾何学として規定でき,Qとしてある虚の二次曲面を考えることにより楕円幾何学も同様に規定できる。…

【射影幾何学】より

…いろいろな点からの配景対応を次々と有限回続けて行うことにより,最初の射影平面から最後の射影平面の上への1対1対応が得られるが,これを射影対応という。とくに一つの射影平面からそれ自身の上への射影対応を射影変換という。一つの射影平面上の射影変換の全体は群をつくる。…

※「射影変換」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

射影変換の関連キーワード配景対応敢行五月雨式三振摂行追行続け様立続け矢継ぎ早配景

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone