斉次座標(読み)せいじざひょう(英語表記)homogeneous coordinates

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斉次座標
せいじざひょう
homogeneous coordinates

同次座標,射影座標ともいう。射影幾何学においては無限遠点も考えにいれなくてはならないが,無限遠点を特別扱いにすると形式上いろいろの不便が生じるので,これを通常の点と同様に扱えるように導入された座標。たとえば,平面上のデカルト座標系では通常の点は座標 (xy) で表わされるが,xx1/x0yx2/x0(x0≠0) という3数の組 (x0x1x2) を考えると,連比 x0x1x2 によって点 (xy) を表わすことができる。 x1x2=0 のときは原点 (0,0) ,x1=0 ,x2≠0 のときは y 軸上の点を,x1≠0 ,x2=0 のときは x 軸上の点を表わす。いま x1≠0 とすれば,x0→0 のとき x1/x0→∞ であるから (0,x1x2) は x2/x1m として,直線 ymx 上の無限遠点を表わす。 x1=0 ,x2≠0 のときは y 軸上の無限遠点を表わす。すなわち,少くとも1つは0でない3数の組 (x0x1x2) によって無限遠点をも含め (xy) 座標のすべての点を表わすことができる。斉次座標を用いると,たとえば直線の方程式は斉次1次方程式 a0x0a1x1a2x2=0 の形で書けるなど,すべての方程式が同次式の形になり,形式的に取扱いやすくなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android