変換(読み)へんかん(英語表記)transformation

翻訳|transformation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「変換」の解説

変換
へんかん
transformation

数学全般にわたって広く用いられる用語。点を他の点に移すこと,図形を他の図に移すこと,式を他の式に移すこと,関数を他の関数に移すことなどを,すべて変換と呼ぶ。たとえば,座標変換といえば,それは1つの座標を他の座標へ移すことであり,相似変換といえば,それは1つの図形をそれと相似な図形へ移すことである。点変換は関数 (写像) の一種と考えられるが,特に同じ空内での写像に使われることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「変換」の解説

へん‐かん〔‐クワン〕【変換】

[名](スル)
入れ変わること。また、変えること。「交流を直流に変換する」「仮名を漢字に変換する」
数学で、点を他の点に移したり、式を他の式に変えたり、座標を取り替えたりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「変換」の解説

変換

ある情報を異なる形式に変える処理。扱う対象に応じて、さまざまな形で実現されている。たとえば、アナグデータとデジタルデータとの間の変換、ある形式から他の形式への変換、日本語入力における、かなから漢字への変換などがある。また、ある言語で記述されたソースコードを他の言語で記述されたソースコードに移植する意味で使われることもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「変換」の解説

へん‐かん ‥クヮン【変換】

〘名〙
① (━する) ある事柄・事態がそっくり別の事柄・事態に変わること。また、変えること。変更。
※日本風俗備考(1833)五「寒熱時に随て変換すること」 〔白居易‐埇橋旧業詩〕
② 数学で用いる語。
(イ) 写像のこと。
(ロ) 座標系をとりかえること。
(ハ) 式の形を変えること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android