変換(読み)へんかん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

変換

ある情報を異なる形式に変える処理。扱う対象に応じて、さまざまな形で実現されている。たとえば、アナログデータとデジタルデータとの間の変換、ある形式から他の形式への変換、日本語入力における、かなから漢字への変換などがある。また、ある言語で記述されたソースコードを他の言語で記述されたソースコードに移植する意味で使われることもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へん‐かん〔‐クワン〕【変換】

[名](スル)
入れ変わること。また、変えること。「交流を直流に変換する」「仮名を漢字に変換する」
数学で、を他の点に移したり、式を他の式に変えたり、座標を取り替えたりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へんかん【変換】

( 名 ) スル
あるものを別の形のものに変えること。また、変わること。 「ローマ字を仮名に-する」 「決して志操を-せぬ精神だが/雪中梅 鉄腸
〘数〙 〔transformation〕 点を他の点に移したり、図形を他の図形に移したりすること。広義には集合 M から M への写像のこと。一次変換・合同変換など。 → 転換(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変換
へんかん
transformation

数学全般にわたって広く用いられる用語。点を他の点に移すこと,図形を他の図形に移すこと,式を他の式に移すこと,関数を他の関数に移すことなどを,すべて変換と呼ぶ。たとえば,座標変換といえば,それは1つの座標を他の座標へ移すことであり,相似変換といえば,それは1つの図形をそれと相似な図形へ移すことである。点変換は関数 (写像) の一種と考えられるが,特に同じ空間内での写像に使われることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

変換の関連情報