コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変換 へんかん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

変換

ある情報を異なる形式に変える処理。扱う対象に応じて、さまざまな形で実現されている。たとえば、アナログデータとデジタルデータとの間の変換、ある形式から他の形式への変換、日本語入力における、かなから漢字への変換などがある。また、ある言語で記述されたソースコードを他の言語で記述されたソースコードに移植する意味で使われることもある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

へん‐かん〔‐クワン〕【変換】

[名](スル)
入れ変わること。また、変えること。「交流を直流に変換する」「仮名を漢字に変換する」
数学で、を他の点に移したり、式を他の式に変えたり、座標を取り替えたりすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へんかん【変換】

( 名 ) スル
あるものを別の形のものに変えること。また、変わること。 「ローマ字を仮名に-する」 「決して志操を-せぬ精神だが/雪中梅 鉄腸
〘数〙 〔transformation〕 点を他の点に移したり、図形を他の図形に移したりすること。広義には集合 M から M への写像のこと。一次変換・合同変換など。 → 転換(補説欄)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変換
へんかん
transformation

数学全般にわたって広く用いられる用語。点を他の点に移すこと,図形を他の図形に移すこと,式を他の式に移すこと,関数を他の関数に移すことなどを,すべて変換と呼ぶ。たとえば,座標変換といえば,それは1つの座標を他の座標へ移すことであり,相似変換といえば,それは1つの図形をそれと相似な図形へ移すことである。点変換は関数 (写像) の一種と考えられるが,特に同じ空間内での写像に使われることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

変換の関連キーワードギター・シンセサイザー[guitar synthesizer]アンジオテンシン変換酵素阻害薬アンジオテンシン変換酵素トランスフォーメーションシリアル・パラレル変換アナログデジタル変換デジタルファクシミリデジタルアナログ変換トランスデューサーDAコンバーターADコンバーターMacVJEフーリエ逆変換インライン変換LBフィルター漢字変換モード逆フーリエ変換かな漢字変換複数文節変換コンバーター

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

変換の関連情報