射法八節(読み)しゃほうはっせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

射法八節
しゃほうはっせつ

弓道における射法の基本的な動き。射法には一連の動作があり,その間に八つの節となる区切りが設けられ,その順序に従ってを射る。弓と矢を左右各手に持ち足を踏み開いた足踏み左手に弓矢を持ち基礎体形をとった胴造り,右手を弦に取りかけ左手を整えて的を注視する弓構え,左右両拳を頭上正面に上げる打起し,左右の手で弓を押し弦を引く引分け (引納め) ,発射直前の状態をとる会,矢を放つ離れ,その後の残心からなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃほう‐はっせつ〔シヤハフ‐〕【射法八節】

弓道で、矢を射る際の八つの基本動作。足踏み(立つ位置を決める)・胴造り(姿勢を整える)・弓構(ゆがま)え(弦に指をかける)・打起(うちおこ)し(弓を持ち上げる)・引分(ひきわ)け(弓を引く)・会(かい)(狙いを定める)・離れ(矢を射る)・残心(ざんしん)(残身とも。矢を射た後の姿勢)の八つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の射法八節の言及

【弓道】より

弓矢
[射法]
 1本の矢を発射するには定められた方法がありこれを射法と呼ぶ。昔から各流派で独自の名称や説明が加えられてきたが,現在では一般にこれを〈射法八節〉と称し,次のように区分し説明している。 (1)足踏み(あしぶみ) 的と射手との位置関係を正すとともに,安定した姿勢をとるため足を踏み開くこと。…

※「射法八節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android