コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射法八節 しゃほうはっせつ

2件 の用語解説(射法八節の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

射法八節
しゃほうはっせつ

弓道における射法の基本的な動き。射法には一連の動作があり,その間に八つの節となる区切りが設けられ,その順序に従って矢を射る。弓と矢を左右各手に持ち足を踏み開いた足踏み,左手に弓矢を持ち基礎体形をとった胴造り,右手を弦に取りかけ左手を整えて的を注視する弓構え,左右両拳を頭上正面に上げる打起し,左右の手で弓を押し弦を引く引分け (引納め) ,発射直前の状態をとる会,矢を放つ離れ,その後の残心からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゃほう‐はっせつ〔シヤハフ‐〕【射法八節】

弓道で、矢を射る際の八つの基本動作。足踏み(立つ位置を決める)・胴造り(姿勢を整える)・弓構(ゆがま)え(弦に指をかける)・打起(うちおこ)し(弓を持ち上げる)・引分(ひきわ)け(弓を引く)・会(かい)(狙いを定める)・離れ(矢を射る)・残心(ざんしん)(残身とも。矢を射た後の姿勢)の八つ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の射法八節の言及

【弓道】より

弓矢
[射法]
 1本の矢を発射するには定められた方法がありこれを射法と呼ぶ。昔から各流派で独自の名称や説明が加えられてきたが,現在では一般にこれを〈射法八節〉と称し,次のように区分し説明している。 (1)足踏み(あしぶみ) 的と射手との位置関係を正すとともに,安定した姿勢をとるため足を踏み開くこと。…

※「射法八節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

射法八節の関連キーワード投射法放射法射法水流れヴィーンの放射法則坐射射詰め競射法前離れ打ち起こし胴造り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

射法八節の関連情報