コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊恵 そんえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊恵 そんえ

?-? 鎌倉時代の尼僧。
大炊御門(おおいみかど)冬忠の娘。真言律宗叡尊(えいそん)のもとで出家,法華寺にはいる。正応3年(1290)異父妹の後深草院二条と法華寺で語りあったことが,二条の日記「とはずがたり」にみえる。字(あざな)は寂円房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尊恵

生年:生没年不詳
鎌倉時代の法華寺の尼。字は寂円房。大炊御門冬忠と大納言典侍近子の娘。正元1(1259)年に母を,文永5(1268)年に父をなくして孤児となり,叡尊の弟子として出家,法華寺一室に住む。正応3(1290)年,異父妹に当たる後深草院二条が法華寺を訪れた際,共に生死無常の道理を話し合ったことが『とはずがたり』にみえる。<参考文献>細川涼一『中世の律宗寺院と民衆』

(細川涼一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

尊恵の関連キーワード7月22日道誉(1)属する八音