尊恵(読み)そんえ

朝日日本歴史人物事典の解説

尊恵

生年:生没年不詳
鎌倉時代の法華寺の尼。字は寂円房。大炊御門冬忠と大納言典侍近子の娘。正元1(1259)年に母を,文永5(1268)年に父をなくして孤児となり,叡尊の弟子として出家,法華寺一室に住む。正応3(1290)年,異父妹に当たる後深草院二条が法華寺を訪れた際,共に生死無常の道理を話し合ったことが『とはずがたり』にみえる。<参考文献>細川涼一『中世の律宗寺院と民衆』

(細川涼一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android