真言律宗(読み)しんごんりっしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真言律宗
しんごんりっしゅう

空海が中国から伝来したと伝えられている仏教の一宗派。『有部律』を所依とし,『蘇悉地経』 (3巻) ,『蘇婆呼経』 (3巻) を加え,三摩耶戒を立てている。明忍が慶長年間 (1596~1615) にこれを唱え,慶安年間になって浄厳宗風を高めた。寛政年間に慈雲尊者が改革して,正法律と称し,真言律宗が大成した。河内高貴寺本山としてのちに真言宗に属したが,1895年に独立して奈良西大寺を本山とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんごん‐りっしゅう【真言律宗】

〘名〙 律宗の一派。空海を宗祖とし、興正菩薩叡尊(えいぞん)を派祖とする。真言宗の教義を旨とし、三聚浄戒の作法によって、大小乗戒を併せて修学するもの。明治五年(一八七二)の太政官布告以降、真言宗の所轄に属していたが、同二八年に分離独立し、奈良の西大寺を本山として今日に至っている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんごんりっしゅう【真言律宗】

奈良西大寺を総本山とする宗派。宗祖は弘法大師空海,派祖興正菩薩叡尊(えいそん)。真言宗の教義に基づいて小乗戒三昧耶(さんまや)戒の大小乗戒を遵守することを本旨とする。1201年(建仁1)大和国添上郡箕田里に興福寺の学侶慶玄の子として生まれた叡尊は,醍醐寺などを経た後,1225年(嘉禄1)大和長岳寺において霊山院阿闍梨静慶から密教の行法を伝授されたが,35年(嘉禎1)戒律の受学を決意し,西大寺に入った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の真言律宗の言及

【称名寺】より

…神奈川県横浜市金沢区にある真言律宗の寺。山号は金沢山。…

※「真言律宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android