尊攘紀事(読み)そんじょうきじ

世界大百科事典 第2版の解説

そんじょうきじ【尊攘紀事】

ペリー来航から大政奉還までを叙述した幕末・維新史。仙台の史家岡千仞著。和本4冊(8巻)。1882年刊。漢文で年代順によらない紀事本末体に記す。〈米国使艦入浦賀〉から〈幕府奉還政権〉まで33項目から成るが,叙述の中心は幕府ならびに長州,薩摩,水戸藩の政治動向と外国交渉。各項について事実経過を記したあと,尊王攘夷主義の立場からの論評を加えている。別に〈補遺〉2冊(4巻)がある。【鈴木 暎一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android