コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尋静 じんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尋静 じんじょう

?-? 平安時代中期の僧。
天台宗。覚恵(かくえ)にまなび,比叡山(ひえいざん)首楞厳院(しゅりょうごんいん)の十禅師となる。十余年山をおりずに修行にはげむ。73歳のとき病にかかり,極楽からの迎えを夢にみて,西面合掌して没したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尋静の関連キーワード天台宗

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android