コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小さん金五郎 コサンキンゴロウ

デジタル大辞泉の解説

こさん‐きんごろう〔‐キンゴラウ〕【小さん金五郎】

歌謡浄瑠璃歌舞伎の一系統で、元禄13年(1700)に没した大坂の歌舞伎役者金屋(かなや)金五郎と湯女(ゆな)小さんとの情話を主題としたもの。浄瑠璃「金屋金五郎浮名額(かなやきんごろううきなのがく)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こさんきんごろう【小さん金五郎】

大坂の遊女小さんと、1700年に病没した役者の金屋金五郎との情話。これを脚色したものに歌舞伎の奈河篤助ながわとくすけ作「東都名物錦絵始おえどめいぶつにしきえのはじまり」、浄瑠璃「金屋金五郎浮名額うきなのがく」、曲山人の人情本「仮名文章かなまじり娘節用」などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小さん金五郎の関連キーワード人情本

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android