コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉柳村 おぐら りゅうそん

2件 の用語解説(小倉柳村の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉柳村 おぐら-りゅうそん

?-? 明治時代の版画家。
明治13,14年に「日本橋夜景」「水道橋月夜」「隅田川畔」など東京の風景をえがいた木版画11点を出版。夜景を得意とする洋風木版画家として知られた。画風から小林清親(きよちか)の影響が,号から五姓田芳柳(ごせだ-ほうりゅう)とのかかわりが推測されるが,経歴などは不明。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小倉柳村

生年:生没年不詳
明治期の木版画家。明治13,14(1880,81)年に版元新井八蔵から出版した「日本橋夜景」「湯島の景」「水道橋月夜」など10作あまりの洋風名所図で知られるのみで,号の上から五姓田芳柳とのかかわりが推測されているが,経歴など一切不明である。作品にすりこまれた画家と版元の住所が同一で,両者の緊密な関係が予想されるが,版元新井についても,その後は15年に安田其声の銅版画を出版したことのみが知られ,他は不明。夜景を好んで描き,明暗のはっきりした,やや稚拙な画風を示す。小林清親に代表される明治10年代の洋風版画の一翼を担い,浮世絵から続く木版画の流れに新風を送りこんだ。

(山梨絵美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小倉柳村の関連キーワード前川千帆木版画川面義雄木村徳太郎小泉癸巳男上阪雅人諏訪兼紀田村鉄之助永瀬義郎平川清蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone