小六月(読み)コロクガツ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ろくがつ〔‐ロクグワツ〕【小六月】

陰暦10月の異称。雨風も少なく、春を思わせる暖かい日和(ひより)の続くところからいう。小春 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ころくがつ【小六月】

陰暦10月の異名。小春。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ろくがつ ‥ロクグヮツ【小六月】

〘名〙 陰暦一〇月の異称。春を思わせるようなうららかな日和のあるところからいう。小春。《・冬》
※俳諧・東西夜話(1702)中「時雨れねば松は隙なり小六月〈支考〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android