コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支考 しこう

7件 の用語解説(支考の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

支考
しこう

「各務支考 (かがみしこう)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しこう〔シカウ〕【支考】

各務支考(かがみしこう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

支考【しこう】

江戸中期の俳人。蕉門十哲の一人とされる。姓は各務(かがみ),別号,東華坊,野盤子,獅子庵等。変名蓮二坊,白狂等。美濃の人。1690年ごろ芭蕉の門に入り,《続猿蓑》の撰をたすける。
→関連項目伊勢派俳諧七部集俳文風俗文選

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

支考 しこう

各務支考(かがみ-しこう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しこう【支考】

1665‐1731(寛文5‐享保16)
江戸中期の俳人。姓は各務(かがみ)。別号は東華坊,西華坊,野盤子,変名に蓮二房(れんじぼう),白狂など,諡号(しごう)を梅花仏という。美濃山県郡北野(現,岐阜市)に生まれ,幼時仏門(禅宗)に入るがのち還俗,1690年(元禄3)近江で芭蕉に入門した。俳論書《葛の松原》を上梓し,《続猿蓑》の編集に協力したが,芭蕉没後は追善の事業や,九州,中国をはじめ数次の北陸への行脚等を通して,俳壇形成や俳諧の理論的普及につとめ,美濃派の俳諧の確立に力を尽くした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しこう【支考】

各務かがみ支考

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

支考
しこう
(1665―1731)

江戸中期の俳人。各務(かがみ)氏。別号東華坊、野盤子(やばんし)、見竜、獅子庵(ししあん)、変名蓮二(れんじ)坊など。美濃(みの)国(岐阜県)の人。幼時、郷里の禅寺に入ったが、19歳で下山して遊歴、1690年(元禄3)26歳のとき近江(おうみ)で芭蕉(ばしょう)に入門、その博学多才を愛されて晩年の芭蕉に随侍した。師の没後は、地元美濃を本拠に北越や九州方面に至るまで広く行脚(あんぎゃ)を重ねて、蕉風俳諧(はいかい)の伝播(でんぱ)に貢献すること大であったが、1711年(正徳1)には死亡したと偽って自己の「終焉記(しゅうえんき)」を出すなど、世人の反感・誤解を買うことも多かった。支考一派は美濃風とよばれるが、作風は俗談平話を旨として平明卑俗、軽い談理をも含んで、大衆に迎えられるところであった。また俳論家としても、『葛(くず)の松原』『続(ぞく)五論』『二十五箇条』『俳諧十論』など多数の俳論書を著し、蕉風俳論をよく体系づけている。墓所は岐阜市山県(やまがた)の大智寺門前にある。[堀切 實]
 牛呵(しか)る声に鴫(しぎ)立つゆふべかな
『堀切實著『支考年譜考証』(1969・笠間書院) ▽堀切實著『蕉風俳論の研究――支考を中心に』(1982・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の支考の言及

【虚実】より

…ただ,談林俳諧ではこの論に見合う優れた作品がないため,理屈倒れの観がないでもない。ところが,蕉風俳諧の時代になると,芭蕉の門人各務支考がこれを受け,〈言語は虚に居て実をおこなふべし。実に居て虚にあそぶ事かたし〉(《風俗文選》所収〈陳情表〉)と徹底し,さらに〈抑,詩歌連俳といふ物は上手に噓(うそ)をつく事なり。…

【葛の松原】より

…俳諧論書。各務(かがみ)支考著。1692年(元禄5)刊。…

【蕉風俳諧】より

…いわゆる七部集の連句を例にとっても,《冬の日》(1684)は名古屋蕉門,《ひさご》(1690)は近江蕉門,《猿蓑》は京蕉門,《炭俵》(1694)は後期江戸蕉門の所産で,前期江戸蕉門はもとより,芭蕉とこの変風を終始ともにした門人は皆無といってよい。景情融合の理想は,芭蕉没後,〈軽み〉を継承して景先情後を推し進める支考流と,情先景後に向かう其角流とに分裂し,前者は地方俳壇で平俗化し,後者は都市俳壇で奇矯化の道をたどった。【白石 悌三】。…

【蕉門十哲】より

…許六の〈師の説〉に〈十哲の門人〉と見えるが,だれを数えるかは記されていない。その顔ぶれは諸書により異同があるが,1832年(天保3)刊の青々編《続俳家奇人談》に掲げられた蕪村の賛画にある,其角,嵐雪,去来,丈草,許六(きよりく),杉風(さんぷう),支考,野坡(やば),越人(えつじん),北枝(各項参照)をあげるのがふつうである。【石川 八朗】。…

【俳諧十論】より

…俳諧論書。支考著。1719年(享保4)刊。…

※「支考」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

支考の関連キーワード笈日記素秋井上童平大谷六枳各務東羽坂上竹烟佐方乙語瀬上雲柱仲上法策路健

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

支考の関連情報