コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨風 アメカゼ

デジタル大辞泉の解説

あめ‐かぜ【雨風】

雨と風。「雨風にさらす」
雨まじりの風。吹き降り。風雨(ふうう)。
《江戸末期の上方落語から》酒も甘い物も両方好むこと。両刀遣い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまかぜ【雨風】

雨を降らせそうな湿った風。また、雨をともなった風。

あめかぜ【雨風】

雨と風。 「 -をしのぐ」
雨まじりに吹く風。
酒も飲み、甘い菓子も好きなこと。両刀使い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雨風の関連キーワードみずしま3輪 TM3Aアーサー ウォン神送り・神迎え吹雪く・乱吹く生類憐みの令区限刺しゅうはしたない何時となくストーミー室内気候森田正光こそあれ厳めしいヘッド小六月繁吹きプナン検潮場濡れ縁アダド

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雨風の関連情報