小春(読み)コハル

デジタル大辞泉の解説

こ‐はる【小春】

初冬の、穏やかで暖かい春に似た日和が続くころ。また、陰暦10月の異称 冬》「ふりわけて片荷は酒の―かな/竜之介

しょう‐しゅん〔セウ‐〕【小春】

陰暦10月の異称。こはる。「小春の候」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こはる【小春】

邦楽曲の曲名。小春は大坂曾根崎新地,紀伊国屋の遊女。1720年(享保5)10月14日天満お前町の紙屋治兵衛と,網島大長寺のほとりで情死した。これを脚色した人形浄瑠璃が,近松門左衛門作の《心中天の網島》で,その女主人公の名としても,実名のまま用いられている。上述の浄瑠璃に基づいたり,これに類して作られた他の浄瑠璃の曲名の略称として《小春》は用いられる。(1)宮薗節の《小春治兵衛炬燵(こたつ)の段》。《宮薗鸚鵡石(みやぞのおうむせき)》には《情の二重帯》と題する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こはる【小春】

陰暦10月の異名。暖かな春のような日和ひよりが続くのでいう。小6月。 [季] 冬。

しょうしゅん【小春】

陰暦10月の別名。こはる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐はる【小春】

〘名〙 冬の初めの、春に似た温暖な気候。転じて、陰暦一〇月の異称。《・冬》
徒然草(1331頃)一五五「十月は小春の天気、草も青くなり、梅もつぼみぬ」

しょう‐しゅん セウ‥【小春】

〘名〙 陰暦一〇月の称。こはる。《季・冬》
※済北集(1346頃か)四・十月聞鶯「竹間驀地歌簧発。怪得元来是小春」
※俳諧・犬子集(1633)六「小春に桜花咲たるを見て 根計か枝に二度かへり花〈慶友〉」 〔荊楚歳時記

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小春の言及

【心中天の網島】より

…大坂網島大長寺の心中事件を脚色した際物(きわもの)であるが,近松世話悲劇の傑作。大坂天満の紙屋治兵衛と曾根崎新地の遊女小春は深い仲になっていたが,治兵衛にはおさんという女房があり,2人の子までいる。治兵衛と小春は死ぬ約束をしており,2人はその機会をうかがっている。…

※「小春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小春の関連情報