小島信一(読み)こじま しんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島信一 こじま-しんいち

1924- 昭和後期-平成時代の詩人,評論家。
大正13年1月3日生まれ。佐藤春夫に師事。昭和29年からエッソ・スタンダード石油に11年間勤務。万葉集をはじめて現代詩化した「万葉集―運命の歌」で45年芸術選奨新人賞をうける。著作はほかに「浮き舟の行く方」「日本のシャーマン」など。東京出身。中央大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android