コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島弥太郎 こじま やたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島弥太郎 こじま-やたろう

?-? 戦国-織豊時代の武士。
越後(えちご)(新潟県)上杉家の家臣謙信(けんしん)の少年時代からつかえ,その剛勇ぶりで鬼小島と称されたという。のち川中島の戦いでも功をたてた。実在を疑問とする説もあるが,「小島氏系図」では天正(てんしょう)10年(1582)7月18日61歳で死去とする。名は一忠

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小島弥太郎

生年:生没年不詳
戦国時代の武将。通称は弥太郎(または弥太郎平),『上杉年譜』には実名貞興とある。越後(新潟県)上杉氏の家臣で為景・謙信父子に仕えた。為景の命により謙信の少年期から金津新兵衛,戸倉与八郎,秋山源蔵らと共に補佐に当たった近臣で,豪勇無双な性格により「鬼小島」の異名があったという。『川中島五箇度合戦記』にも「鬼小島弥太郎」の名は記されているが良質史料にはみえず,その実伝については不確かで架空の人物とする説もある。なお『小島氏系図』によれば,天正10年7月18日(1582年8月16日)61歳で没し,妻は河田豊前守長親の娘であったという。<参考文献>渡辺慶一編『上杉謙信のすべて』

(二木謙一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

小島弥太郎の関連キーワード織豊時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android