小島銀吉(読み)おじま ぎんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島銀吉 おじま-ぎんきち

1868-1935 明治-大正時代の農業技術者。
慶応4年1月13日生まれ。宮崎県農学校長などをへて,明治35年故郷の福井市にもどり県農会農事試験場長。38年農商務省農事試験場技師。小島式誘蛾(ゆうが)灯の発明,粉たばこの殺虫剤への応用など,農作物病害虫防除につくした。昭和10年1月26日死去。68歳。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android