福井市(読み)ふくい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福井〔市〕
ふくい

福井県北部,福井平野の中央部を占める市。西部は丹生山地を経て日本海岸に及び,東部は越前中央山地に連なる。九頭竜川足羽川日野川が流れる。県庁所在地。1889年市制。1951年西藤島村,1954年社村,西安居村の 2村,1955年中藤島村,1957年大安寺村の一部と河合村,麻生津村の 2村,1959年国見村,1961年藤岡村,1963年殿下村,1967年川西町,森田町の 2町,1971年足羽町,2006年美山町,越廼村,清水町の 2町 1村をそれぞれ編入。古くは北庄と呼ばれ,江戸期に現地名に改称。中心市街地は足羽川北岸にあり,柴田勝家の築城が始まりといわれる。近世は福井松平氏の城下町。1881年県の成立とともに県庁が置かれた。1945年の空襲,1948年の福井地震により壊滅状態となったが,都市計画に基づき再建された。「織物王国」の県にあって第一の生産地を誇り,郊外には大規模工場や染色,加工の一貫工場がある。機械,プラスチック,食品加工業も活発。北部海岸の三里浜はラッキョウ栽培で知られる。沿岸部の集落では巻網漁業や一本釣りが行なわれ,カニ,ウニなどがとれる。山間部にはスギの美林が広がり木工業が盛ん。寺院,神社が多く,南東の足羽川流域には朝倉氏の越前経営の本拠となった一乗谷朝倉氏遺跡(→一乗谷城)があり,国の特別史跡に指定。養浩館(旧御泉水屋敷)庭園は国の名勝,一乗谷朝倉氏庭園は国の特別名勝。市街地北部に国指定史跡,燈明寺畷新田義貞戦歿伝説地がある(→新田義貞)。南部の賀茂神社で行なわれる睦月神事は国指定重要無形民俗文化財。福井城址は県庁となり,本丸の石垣と内堀のみを残す。海岸部の亀島周辺から南にかけての越前海岸一帯は越前加賀海岸国定公園に属し,特に南西端のスイセン群生地は景色がよい。JR北陸本線,えちぜん鉄道,国道8号線,416号線が縦横に,海岸沿いを国道305号線が走り,北陸自動車道が南北に延びる。面積 536.41km2。人口 26万5904(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福井市の関連情報