コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川宏 おがわ ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川宏 おがわ-ひろし

1926- 昭和時代後期のアナウンサー,司会者。
大正15年4月17日生まれ。間組勤務をへて,昭和24年アナウンサーとしてNHKに入局。「ジェスチャー」などの芸能番組を担当し,人気アナとなる。40年フジテレビに移籍して「小川宏ショー」の司会者となり,57年まで4451回の記録をつくる。のち「オールスター家族対抗歌合戦」などを担当。東京出身。早大専門部卒。著作に「「定年うつ」私はこうして乗り越えた」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

小川宏

フリーアナウンサー、司会者。1926年4月17日、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、49年に日本放送協会(NHK)にアナウンサーとして入局した。55年から10年間、人気番組「ジェスチャー」の司会を担当するなど活躍し、65年にフリーとなる。同年5月よりフジテレビのワイドショー「小川宏ショー」の司会者となり、82年3月31日の番組終了まで担当した。同番組は17年間4451回放映され、「森田一義アワー 笑っていいとも!」に抜かれるまで、「人名を冠した番組の最長寿記録」としてギネス記録に認定されていた。93年にはテレビで自身のうつ病を告白し、うつ病の社会的理解を進めるきっかけともなった。主な著書に『司会者は見た-昭和テレビ史を生きたスターたちの素顔』(講談社+α文庫)、『良い言葉は心の医者でもある』(ごま書房)、『夫はうつ、妻はがん-夫婦で苦境を踏み越えて』(清流出版)などがある。2016年11月29日、多臓器不全のため死去した。享年90。

(2016-12-8)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

小川宏の関連キーワード小川宏のなんでもカンでも!横内 美知代東海林のり子サラソウジュ平田 未喜三鹿内 春雄清川 虹子船越 英二春日 八郎緒形 拳藤田弓子浜美枝露木茂源吾朗沼田爆阿闍梨甘露衆生声明

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小川宏の関連情報